資金調達の種類と特徴

資金調達の種類と特徴

 

投資は、投資家が自分の資産を利益が出そうな
企業に対して投資をするのですが、
そこには何らかのリスクが伴っています。

 

 

企業はできるだけ投資家への還元に努めますが、
それを約束しているわけではありません。

 

そのため、株価が下がったとしても企業は何の責任も負いません。
資金調達の方法として株式を発行するとは、そのようなことを意味しています。

 

その意味を理解せずに資金調達の方法を考えるべきではないでしょう。
それから銀行から融資を受ける場合はどうでしょうか。

 

銀行は融資を必要としている企業や個人に対して資金を提供しますが、
それは貸付をしているだけです。

 

つまり、融資を受けた方が所定の期間までに返済しなければなりません。

 

もちろん、所定の金利がかかることになります。
どのような形で資金調達をするのかを明確に意識しておかなければなりません。

 

それが企業の経営の根幹に関わってくるからです.
多くの企業は常に安定した状態にあるわけではありません。
状況によってよくなったり悪くなったりします。

 

その中で安定した経営を続けていくことは容易なことではないでしょう。
それでも多くの中小企業は何とか頑張っているのです。

 

 

国や地方自治がいの融資はこのような企業に対して
一定の補助を提供しようとするものです。

 

返済の義務はありますが、
銀行よりも低利子で借り入れをすることができます。

 

自社がどのような立場にあるかによって、
利用できる方法は制限されます。

 

まずはインターネットで資金調達の方法を確認しましょう。
その中で自社が利用できる方法を選択するのです。

 

 

また、資金調達をした後が重要となります。
お金を集めるだけで終わらせることはできません。

 

企業はこれまでの業績だけで評価されるのではなく、
これからどのように発展させるかという姿勢が問われることになります。
それが資金調達のための条件となるのでしょう。

 

資金調達が必要になった時のために基本的なこと

個人のための消費者金融などを利用することは、
会社にとって大きな負債となりますから避けなければなりません。

 

そうなると、資金調達の方法は銀行や地方自治体などになります。

 

 

つまり、相手に対して資金の使い道を明確に示さなければなりません。
口で説明するのではなく書類が必要なのです。
会社の運用計画を立てることです。

 

何故、資金が必要となっているのか、
その資金を使ったどのようなことをするのか、
そして返済の目途をどう考えているかを書類としてまとめなければなりません。

 

 

具体的な作成方法などは、
借り入れをするところの担当者と相談しながらでもいいでしょう。

 

注意しなければならないのはこれから開業しようとする人と、
ある程度の実績を持った会社では貸し手の見方が大きく異なっていることです。

 

 

資金調達は借り入れとなりますから、
返済してもらうことが大前提です。

 

すぐに行き詰まってしまうような会社にお金を貸してくれるところはないでしょう。
資金調達の方法として、
借り入れではなく補助金をもらう方法があります。

 

これは事業を行う時に、
補助金の目的に合致している団体を対象として資金を提供する仕組みです。

 

補助金は返済する必要がありませんが、
当初の計画と成果を報告しなければなりません。

 

短期的な補助金もありますし、年度を通しての運用もあります。

 

その補助金がどこを対象としているかを確認しておかなければなりません。
資金調達の方法はいろいろありますが、
確実に調達できるわけではありません。

 

特に若い人が新しい事業を始めるための資金調達は、
実績もありませんし、
その内容が社会に受け入れられるかどうか不透明な部分が多くなります。

 

 

返済見通しが不透明であれば、
貸し手手を納得させることができなくなるでしょう。

 

資金調達の基本は貸し手を説得するためにどうすべきかを考えることです。
具体的な書類の作成方法よりも、
明確なストーリーを持った計画でなければなりません。
期間についても計画の中で考えていかなければなりません。

 

単年度で黒字に転換することは難しいとしても、
確実に上向きになっていればいずれは黒字になることでしょう。

 

 

 

資金調達の方法を知る場合に、どこから情報を得ればいいのでしょうか。
インターネットで検索してみると、たくさんの情報が出てきます。
その中から自分の会社が利用できそうな資金調達の方法をピックアップしましょう。
具体的には銀行の窓口や地方自治体の窓口で相談してみてはどうでしょうか。

 

国が融資を行っている日本政策金融公庫は店舗もありますが、
インターネットで書類を取り寄せることもできます。

 

資金調達に関する情報はたくさんあると言えるでしょう。
ただ、重要なことはそれぞれの書類を作成しなければならないことです。

 

どのような内容を書けばいいのかわからない場合には、
早めに相談することをおすすめします。

 

これまで融資を受けたことがある人ならわかりますが、
初めての人はなかなか想定できないのです。

 

企業として融資を受けるのですから、
会社の売り上げから返済していくことになります。

 

一般的な中小企業は収益が黒字になることはほとんどなく、
社員への給料支払いや調達した資金の返済で終わってしまうのです。

 

 

もちろん、それでも仕事を続けていくことができます。
企業が成長していくためには、新しい機械を導入することや、
事業の幅を広げることが求められます。

 

これまでと同じことをしていても、市場に取り残されてしまうからです。
経営者はこれからの会社をどのようにリードしていくのかを
考えなければならない重要な役割があります。

 

その中で資金調達が目的達成のための手段となるのです。

 

単にお金を借りるだけのことだと考えているなら、
その考えは改めるべきでしょう。

 

資金調達の具体的な方法はインターネットで調べることができますが、
その資金をどう利用するかは経営者が決めなければなりません。
その使い方が会社の舵取りとなります。

 

 

中小企業はどこも経営状態に余裕がありませんから、
国や地方自治体は補助金制度を導入していることが少なくありません。

 

このような情報もインターネットや窓口で入手することができます。
調達しなければならない資金の額を決めて、
どのような方法で資金調達を行うかを考えていかなければなりません。

 

資金調達そのものは決して敷居が高いわけではありませんから、
計画を立てることが重要です。

 

 

・資金調達の方法も色々あるので自分で調べるのも大事ですよね。
銀行に投資ファンドを組んでもらうことで、返済不要の運転資金が生まれることや
国の助成金や補助金(返済不要)を調べて申請するとかもありですよ。

 

・クラウドファンドで 出資・投資してくれる人を探すのもいいですよ。

 

 

最悪 困ったらソフト闇金に借りるしかないかも・・・

ギャンブルの軍資金 借入の方法

このページの先頭へ戻る