ギャンブルの軍資金 借入の方法

出費がかさみ生活費が厳しい、あるいはレジャーのお金が足りない

出費がかさみ生活費が厳しい、あるいはレジャーのお金が足りない、などのように理由は様々あると思いますが、少額でもお金を借りたいと思うこともあると思います。もし、金融業者からお金を借りるときは、消費者金融もしくは銀行のカードローン、キャッシングが選択肢にあります。どちらでも保証人は要りません。さらには、個人でおよそ50万円まで借りられるのが魅力です。突然に、現金を必要とした際は、運転免許証もしくはパスポートなど本人確認できる用紙に加え、源泉徴収票及び確定申告書といった収入証明の2つを用意しておけば、契約申し込みができます。ちなみに、金融機関のポリシーにもよりますが、本人確認書類だけで大丈夫なところもあります。ですが、当然ながら、他人名義での借入れは原則不可能です。本人証明をする際は、必ずご自身のものを用意しましょう。

このページの先頭へ戻る