資金調達に必要なこと

資金調達に必要なこと

資金調達とは会社を経営していくために必要なお金をどこからか持ってくることです。
資金調達の方法はどこから持ってくるかの違いです。
方法は違っても、いくつかの基本的なことを押さえておかなければなりません。
まず、会社がどのような形で社会に貢献できるかを示す計画書を作成することです。
資金調達の方法として選んだ相手はあなたの会社が発展することを期待しています。
その期待に応えられるだけの計画がなければならないからです。
自己資金を資金調達の方法として選ぶことは簡単ですが、そのためには起業するまでに資金をためておかなければなりません。
自分でためたお金であれば自分の考えだけで使い道を決めることができますから、経営者の立場であれば大きなメリットと言えるでしょう。
もちろん、借り入れではありませんから返済も金利も気にする必要がありません。
資金調達は計画だけで進められるわけではありません。
実績がない人が起業をしたとしても、それに期待して資金を提供してくれる人は少ないと考えてください。
そこでしっかりとした計画を立てることが大切になります。
銀行や地方自治体が提供している融資制度では、いろいろな書類を作成しなければなりません。
その書類には説得力がなければなりません。
単に思い付き程度の計画で起業をしてもいずれは行き詰まってしまうことでしょう。
資金調達について考えていると、どうやって資金調達をするかという方法に重点が移ってしまい、資金調達後の進め方の検討が不十分になってしまうケースが少なくありません。
資金調達は目的ではありません。
資金調達の後、どうするかが重要なことだからです。
そして、資金調達に対し手、成果を見せることが求められます。
成果は金銭的な配当ともなるでしょう。
中小企業であれば、地方自治体の融資制度がおすすめです。
ただ、地域によって細かい制度が異なりますから、必要な書類を作成する時に注意しなければなりません。
条件によっては無担保の融資も可能です。
中小企業が地元にできれば雇用を創出することができます。
それが地域の活性化につながるのです。
資金調達は自分の会社のことだけを考えるのではなく、地域に根差した起業を考えることが求められるのです。

このページの先頭へ戻る