開業と資金調達

開業と資金調達

脱サラをして開業しようと考えている人は少なくありませんが、実際に開業まで荻付けるためにはいくつものハードルがあります。
その一つが資金調達です。
もちろん、自分の貯金がたまっている人や親が資産家であれば、何の心配もないでしょう。
しかし、そのような人は企業など考えないかもしれません。
そこで資金調達の方法について考えてみましょう。
自己資金で開業というのも資金調達の一つの方法であり、一番安心できるはずです。
ただ、そのような当てがない場合は銀行などから借り入れを検討することになります。
銀行にもいろいろな種類がありますから、どの銀行にするかも重要なポイントです。
自分が希望している額の資金を提供してくれる保証はありません。
もちろん、銀行だけではなく国や地方自治体でも企業を応援する立場として、資金調達の方法を提供しています。
ただ、それを利用するためにはいろいろな資料を作成しなければなりません。
資金調達は借り入れをすることですから、いずれは返済しなければなりません。
返済の目途が立つだろうと想定される開業のための計画書を見なければ、誰も了解できないからです。
また、最終判断は人と人との話し合いになりますが、何の実績もない若者の企業を応援できるほど余裕があるわけではありません。
そこで、どのような計画書を作成すれば、資金調達に協力してもらえるのかを考えてください。
誰もやっていないような会社を作ると言っても、説得力はありません。
貸したお金が返ってこないからです。
自分のための起業ではなく、世の中で困っている人をサポートしたいという熱意による起業なのだと説明してみてはどうでしょうか。
もちろん、採算が取れる見込みがなければなりません。
重要なことは具体的な計画を立てることです。
漠然としていて、絵に描いた餅で終わりそうな計画は誰でも立てることができますが、実際の数字に裏打ちされた計画なら説得力があるでしょう。
どのような市場で、需要がどれくらいあり、必要経費と見込みの売り上げなどをしっかりと押さえてください。
あなたが若い人でも、それだけのことを考えていることを示せば信頼してくれるのではないでしょうか。
大会社も元は同じだったからです。

このページの先頭へ戻る