資金調達と投資

資金調達と投資

投資とは企業や個人に対して、資金を提供するとともに、その見返りを受け取ろうとすることです。
もちろん、投資にはリスクが伴いますから、いつでも期待通りの見返りを受け取ることはできないでしょう。
しかし、何らかの資金調達方法がなければ企業や個人が事業展開による利益を得ることはできません。
また期待通りに事業規模を拡大させることができれば、その利益を配当として投資家に還元することができます。
このようなお金の流れが社会全体を動かしていると言えるでしょう。
企業が資金調達をする方法はいくつもありますが、個人や大企業から投資を受ける場合には提示される条件があります。
例えば、あるプロジェクトを成功させると言ったことです。
その成功により、新しい商品開発への道筋ができてくる可能性が期待できるのでしょう。
会社が行っている事業の内容によって、そのプロジェクトの効果は違います。
ただ、資金調達ができなければプロジェクトそのものが前に進みません。
投資は社会を動かすためのガソリンのようなものです。
ガソリンはいずれ減少しますが、車が期待した動きをしてくれる代償となるのです。
お金が別の形に変わるともいえるでしょう。
資産家はいろいろなところに投資をしていますが、必ずしも見返りを期待しない場合もあります。
ただ、まったく効果がないと判断できるようなことへの投資は控えるはずです。
また、利益を得なくても社会的弱者に対する援助や社会がよくなると期待できることへの投資は惜しみません。
会社が自社のために行うプロジェクトに対する投資よりも、社外に向けたプロジェクトの方が投資を受けやすことは明白です。
もちろん、そのプロジェクトによって会社も一定の利益を得なければなりません。
企業が発展していくためにはお金が必要ですが、それだけでは意味がないのです。
理念を持って、その目標に向かうことが投資家に対する説得力を与えます。
いい商品を作ること、いいサービスを提供することが会社としての役割です。
その過程で従業員の生活を支えていくことになります。
会社は利益を出さなければ従業員を雇用し続けることはできません。
資金調達は経営が厳しくなった企業に対するものではありません。

このページの先頭へ戻る